姉の家にウォーターサーバーが設置されました

私の姉夫婦は赤ちゃんが誕生したことをキッカケにして自宅にウォーターサーバーを設置していました。

小さなお子さんがいる家庭では毎日のミルク作りが大変だという場合も多いと思います。   そこで最近注目を集めているのがウォーターサーバーです。ではどうして毎日のミルク作りにウォーターサーバーが注目を集めているのでしょうか。  

●いつでもお湯を出せる
ウォーターサーバーは冷水と温水の両方を瞬時に出すことができるようになっているため、赤ちゃんの魅力をつくりたいと思ったときにすぐに温水を出してミルクづくりを行うことができます。   ほとんどのウォーターサーバーでは温水の温度が80度から90度に設定されているため、すでにミルクの粉を溶かすことができますし、少しさますだけで赤ちゃんが飲みやすい適温にすることができます。

●お腹にやさしい水
ウォーターサーバーで利用されている水というのは、いくつかの種類がありますがほとんどは軟水やRO水(ろ過された純粋な水)となっています。これらは一般的なミネラルウォーターなどとは異なりとてもお腹にやさしいという特徴があります。
赤ちゃんのうちは成人と比べると腸がとてもデリケートですのでおなかにやさしい水でミルクを作ってあげたいという保護者の方がウォーターサーバーを選んでいます。

●安全性の高い水
赤ちゃんにミルクを与える場合、安全性の高い水で作ったミルクを飲ませたいと思うのは誰でも同じ考えだと思います。
ウォーターサーバーで利用されている水というのは採水地がはっきりとしているものばかりですし、放射性物質の検査なども行っている安全性の高いものとなっているので赤ちゃんに与えるミルクに最適です。
出典:www.stadsridders.com

やはり赤ちゃんには安心して美味しいお水をあげたいと思い設置することを決めたそうです。
そう言えば、浄水場の上流で化学物質が川に流れこんでしまい自治体が乳幼児向けにペットボトルのミネラルウォーターを配っていたニュースも見た憶えがあります。
赤ちゃんを持つひと達にとって飲み水はとても神経を使うものなのだと思います。姉夫婦の家に遊びに行ったときに私もウォーターサーバーのお水を飲ましてもらいましたが、冷たくて臭いもなく本当に飲みやすい水だと感じました。
姉はペットボトルのミネラルウォーターを買いに行く必要がなくなったのでとても楽になったとも言っていました。自宅まで替えのお水を配達してくれるそうです。
姉の家では赤ちゃんの飲み水やミルクだけではなくご飯を炊くときにも利用しているそうです。
また、災害に備えて数日分の飲み水を自宅に蓄えておくことが推奨されていますがウォーターサーバーがその問題も解決できるような気がします。

私の家には赤ちゃんはいませんが災害に備えて設置するのも良いかもと考えているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です