ウォーターサーバー導入の際に

今までウォーターサーバーは一般家庭では使用されることは少なく、飲食店などで取り扱われているものというイメージでしたが、最近では家庭でも手軽にウォーターサーバーを取り入れられるようになった為、ウォーターサーバーを導入する家庭が増加してきています。

 

ウォーターサーバーを導入するメリットとしては、ペットボトルの天然水をデパートで購入し、家まで持って帰るという手間がはぶけることや、いつでも手軽に天然水を飲むことができること。熱湯も出るためすぐに暖かい飲み物が作れることなどです。また、熱湯の注ぎ口はロックができるため小さな子供がいる家庭でも安心です。

 

ウォーターサーバーのデメリットとして、電気代や設置スペースの確保、年に数回のメンテナンスの義務などがありますが、メリットのほうが多い気がします。

 

また各サーバー会社によって、1本あたりの水の値段やメンテナンス回数や費用などが異なってくるため、導入の際には自分に合った会社を選ぶことをお勧めします。

 

 

食品表示制度が消費者の食卓を守る!
消費者庁のホームページ